読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にDQMSL

スマホゲームDQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)のプレイ記録や攻略、検証などが中心です。

level.24 ウルトラキメイラ

こんにちは、青い月です。


今回は闘技場低ウェイト戦における【ウルトラキメイラ】について、考察していきたいと思います。




f:id:dqmsl-life:20161119131335j:plain

集めやすさ

なんといってもウルトラキメイラは初心者さんでも簡単に集めやすい【キメラ(D)】から転生出来ます。

具体的にはキメラ(D)→メイジキメラ(C)→スターキメラ(B)→ウルトラキメイラ(A)と転生出来ます。

キメラはふくびきライトでも手に入るので、だいたいの方はもってらっしゃるのではないかと思います。

またこれから集めようと考えている方は、通常クエストのレコスタ地方5-3【緑の平原】でメイジキメラが簡単に入手(ドロップ)出来ます。
4+4+4も作りやすいです。


意外と優秀な耐性

ウルトラキメイラはバギ吸収、イオ、マヌーサ、混乱、マヒ半減。
弱点はドルマ、ギラです。

弱点であるドルマは闘技場ではすこぶる通りが悪く、ほとんどドルマ系の攻撃してくることはないので安心です。
そんな中でバギ吸収はウェイト80/100の闘技場において非常に優秀です。

素早さ

低ウェイト戦でよく使用されがちな呪文系モンスターと、リーダー系モンスターとの素早さの比較です。


f:id:dqmsl-life:20161119134153j:plain



続いてマホターン使用モンスターとの比較です。


f:id:dqmsl-life:20161119134737j:plain


ウェイト80/100戦の先制マホターン要因としては優秀な事がわかります。


具体的にもっとわかりやすいと思いますので、実際に私が今回の闘技場で使用してきたウルトラキメイラ4+4を公開します。


f:id:dqmsl-life:20161119135934j:plain

今回たねを素早さに65振って隼の剣を装備して脅威の素早さ558!!
S爪でも550超えはします。
低ウェイト戦の先制マホターン要因として実際に優秀だという事がわかると思いますし、Aランクとは思えない速さです。

  • 昨今の闘技場事情

先週の闘技場変革から、明らかにパーティー編成は変わりつつあります。
具体的には【くじけぬ対策】や【いきなりマホカンタ対策】が不要になりました。
ことさら低ウェイト戦使用される討伐モンスターは呪文系が多いです。
※魔女クシャラミ、聖女カカロン、ドメディ、ザイガス、ヘルゴーストなど。

このような呪文パーティーに対して【先制マホターン】という戦術が通用する事は今回の闘技場において私自身が体感いたしました。
特に☆の少ないバハムート、デスカイザー、サイコマスター、魔女クシャラミ、聖女カカロン、ザイガスあたりは狙いやすかったです。

昨今の闘技場の変革によって、密かに輝いているモンスターの中の1体だと勝手に思ってます(笑)

まとめ

なによりも初心者さんでも簡単に手に入るということは、オススメするにあたり、充分な理由となります。
ベホイミベホマなど覚えるのでクエストでも普通に使えます。
あくまでも同じマホターン要因としては、中途半端にまおうのかげ育てるよりは断然にウルトラキメイラです。
※まおうのかげはとても優秀です。

場合によっては来週のウェイト100息禁止でも序盤~中盤にかけて活躍する可能性が高いです。
(デスカイザー、魔女クシャラミなど引き続き使用頻度が高いと思われるため)

先制マホターンが決まれば、バハムートはおろか、息禁止リーグなのであの凶悪なゾーマですら置物に変えてしまいます。

少しトリッキーなモンスターですが、ちゃんとした役割を与えれば輝くモンスターだと思います。

闘技場クエストに限らず「このモンスターこうやって使ってみよう!」とか「この使い方ダメだったorz」とか、考えている時って案外楽しいものです。

今回、魔女クシャラミのパンプキンタイフーンや聖女カカロンのティンクルスコールに泣いた方もいらっしゃると思います。

【パンプキンタイフーンをしてこない可能性】が上がるだけでも先制マホターンは充分に使用する価値はあります。

低ウェイト戦の呪文対策に【ウルトラキメイラ】を育ててみてはいかがでしょうか。


それでは今回はこのへんで失礼します。


にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村