読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にDQMSL

このブログはDQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)のプレイ日記です。このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。なお、ブログはリンクフリーです。

level.242【初心者講座】気合伝授

こんにちは、青い月です。


今回は最近DQMSLを始めたばかりの方や、初心者さん向けの内容となっております。

初心者さんというのは私が思うよりも沢山いらっしゃると思います。


ただ長くプレイしているというだけの私が偉そうに言って申し訳ないのですが、やはり最近始めた方々にも是非DQMSLを楽しんでもらいたいと思います(^-^)

そのための基礎的な事もこれからもどんどんやって、記録として残していきたいと思ってます。


今回の内容といたしましては、モンスター育成の基本中の基本【気合伝授】についてです。

本当に基本中の基本の事なので、申し訳ございませんが、今回は中級者以上の皆様はすでにご存じの内容ばかりで、特にご観覧頂いてもためにならない可能性が非常に高いです。
その旨、ご了承下さいm(_ _)m


よろしくお願いいたします。


気合伝授

DQMSLでは、モンスターを育成(強く)する基本が【レベルアップ】です。

モンスターのレベルをアップさせる方法は、主に4つあります。

  • レベルを上げたいモンスターをパーティーに入れてクエストへ行く。
  • レベルを上げたいモンスターを「地図」を使って旅に出す。
  • レベルを上げたいモンスターを訓練所で特訓する。
  • レベルを上げたいモンスターに、他のモンスターを気合伝授する。

上記の4つの方法の中でも、モンスターのレベルアップに一番活用される方法が【気合伝授】です。

ここは通常のナンバリングのドラクエのレベル上げと大きく異なるところですね。


気合伝授の方法

それでは実際にどのように気合伝授をするのか、まずは基本的な気合伝授の方法を見ていきましょう。

ここに2体のモンスターを用意しました。

f:id:dqmsl-life:20170222213213j:plain

f:id:dqmsl-life:20170222213226j:plain


ご存知、スライム(ランクF)おばけキャンドル(ランクF)です。

今回は【気合伝授】によりスライムを育成していきたいと思います。

まずはチュートリアルのおさらいから。

トップ画面の下の【モンスター】をタップします。
f:id:dqmsl-life:20170222215528j:plain


そこから【育成する】をタップします。
f:id:dqmsl-life:20170222231312j:plain


すると、【気合伝授】が出てきます。
f:id:dqmsl-life:20170222234043j:plain

【気合伝授】をタップすると、モンスター選択画面へと移行します。
f:id:dqmsl-life:20170226225931j:plain
ここで育成したいモンスターを選択します。今回はスライムを選択します。

次に【気合を伝えるモンスター】を選びます。
f:id:dqmsl-life:20170226230109j:plain

f:id:dqmsl-life:20170302231640j:plain
ここで先程のおばけキャンドルを選びました。
(つまり、おばけキャンドルからスライムへ気合伝授するわけです。)

あとは【気合伝授】のボタンをタップするだけです。

※1回の気合伝授にはゴールドが必要となりますが、その事については今回は割愛させて頂きます。


f:id:dqmsl-life:20170302232629j:plain

f:id:dqmsl-life:20170302232650j:plain

f:id:dqmsl-life:20170302232715j:plain

成功!

「スライムのレベル 各ステータスが上がった!」
という事で、レベル1だったスライムがレベル3になりました。

その代償としておばけキャンドルをモンスター牧場から失います。

よく気合伝授の事を【モンスターを食わす】と表現しますが、安心して下さい。モンスターがモンスターを食べて気合伝授しているわけではありません(笑)
公式サイトには【気合を伝授したモンスターは自然へ帰る】とあります。

上記が基本的な【気合伝授】の流れです。


基本情報として、エサ(気合を伝えるモンスター)となるモンスターのランクによって獲得経験値が変わります。
(例外あり)


f:id:dqmsl-life:20170315151039j:plain

上記が基本となるランク別獲得経験値です。
今回はおばけキャンドル(ランクF)だったので獲得経験値は【75】でした。

ちなみにこれはおばけキャンドル(気合を伝えるモンスター)のレベルが1だった時の話なので、もしおばけキャンドルのレベルが2だったら、獲得経験値も倍になります。

つまり、【ランク別獲得経験値】×【気合を伝えるモンスターのレベル】=【実際の獲得経験値】となるわけです。

他にも、スライム系のモンスターにスライム系のモンスターを気合伝授したり、悪魔系のモンスターに悪魔系のモンスターを気合伝授するような同系統のモンスター同士の気合伝授は、そこからさらに【1.5倍】のボーナスがつきます。

同系統モンスターでの気合伝授=【ランク別獲得経験値】×【気合を伝えるモンスターのレベル】×【同系統(1.5倍)】=【実際の獲得経験値】


これはお決まりなので、一応説明しましたが、こんな計算は私はいちいちしてません(^-^;

なので簡単に言うと、気合伝授でレベル上げする時は、なるべく同じ系統のモンスター同士で気合伝授したほうが効率的でいいですよ!といったところです。

ここら辺は各個人の性格や、プレイスタイルにもよりますので、あくまでも「なるべく」です。

私自身、スライム系からドラゴン系へ(極端な例です)異系統で気合伝授する事もありますし、経験値を沢山貰えるメタル系モンスターを直接気合伝授する事も多々あります。

ただし、私のように目先ばかりの半分いい加減な気合伝授をするのと、効率的に気合伝授するのでは、長い目で見れば確実に差が出てくる事は間違いないです。


あともう一つだけ、これは運要素になってしまうのですが、気合伝授をした際に【成功!】と出ますが、これにも【大成功!】とその上の【超成功!】の三種類があります。

【成功!】と表示された場合、貰える経験値は等倍

【大成功!】と表示された場合、貰える経験値は1.5倍に増えます。

【超成功!】と表示された場合は、貰える経験値はなんと2倍になります!

これは確率で決まるので運ですね。
もちろん【超成功!】はなかなか出ない低確率です。


つまり、先程の式に当てはめてみると…

  • 同系統モンスター同士の気合伝授の場合

【ランク別獲得経験値】×【気合を伝えるモンスターのレベル】×【同系統(1.5倍)】×【成功ボーナス(1倍、1.5倍、2倍のいずれか確率で)】=【実際の獲得経験値】

となるわけです。

長くDQMSLをプレイされている方は理論ではなく、経験で理解出来ると思いますが、まだ始めて間もないプレイヤーさんには文字と式だけじゃ意味不明かもしれませんね(^-^;

ですので、意味不明だと思った方は「気合伝授するなら、なるべく同じ系統のモンスターで気合伝授したほうが効率がいい」とだけ覚えておけばいいと思います!
なんだったらそんな事始めからこだわらなくても大丈夫です(笑)
(これを言ってしまえば元も子もないのですが…(^-^;)

やっていればその内なんとなく理解出来てくると思います(^-^)
わからなければ、とにかくなんでもいいのでゴールドなど気にせずに【気合伝授】やってみて下さい。


すいません、最後にもう一つだけ…

気合伝授の計算式の中に【気合を伝えるモンスターのレベル】という欄がありますが、これはつまり「レベルの高いモンスターほど、伝える気合(与える経験値)が多い」という事で間違いないのですが、だからといって闇雲にレベルMAX(レベル80)のモンスターを気合伝授に使うのは一概に効率がいいとは言えません。

各モンスターはレベルが上がるのに必要な経験値に違いがある(モンスターによってレベルMAXにするのに必要な経験値の量が違う)のです。

これはまた少し別の説明が必要になります。
この事には関しては、またいつか説明したいと思いますが、気になる方は【dqmsl 気合伝授 食べごろ】などで検索して頂ければ、先人の有志の方々のありがたい知恵を授かる事が出来ます(^-^)


今回は基本中の基本、モンスターの育成から【気合伝授】について、私なりに説明させて頂きました。


色々と言いましたが、私自身かなり大雑把にプレイしているので、あまり細かく気にして【気合伝授】してません(^-^;

正反対に、少しの無駄も省こうと努力なさってる方も沢山いらっしゃると思います。
そのような方は、それがのちに大きな成果となる事を知ってらっしゃる素晴らしいプレイヤーだと本当に尊敬いたします。


【気合伝授】に関しては、レベル上げの目的とは違った【とくぎのプラス上げ】という側面もありますが、それはまた今度話します。



様々な環境下で、様々なプレイスタイルがあり、様々な楽しみかたがあると思います。

3年もプレイしている上級者さんがいれば、昨日始めた初心者さんもいると思います。

本当に偉そうな事は言えませんが、これからも楽しくプレイしましょう(^-^)/

それでは、今回はここまでです。

なお、いつも通り誤字脱字、駄文に関するクレームは受けません(笑)

ただし、誤情報はわかり次第すぐに訂正させて頂きますので、ツッコミのほうよろしくお願いいたしますm(_ _)m

それでは失礼いたします。



にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
にほんブログ村